閉じる

ニュース・トピックス

「ウエリスカスタム OTONA基地」を販売開始しました

このページのPDFを開く

 
 NTT都市開発ビルサービス株式会社は、ウィズコロナ時代おける多様な働き方の社会的要請に応えるべく、自宅などでテレワークやオンライン学習を快適に行う環境を提供するため、NTT都市開発株式会社と株式会社ユナイトボード(本社:東京都江戸川区)のコラボレーションにより共同で企画しました、再生強化紙によるダンボール式構造体を採用した1畳書斎空間「ウエリスカスタム OTONA基地」を販売しますのでお知らせいたします。
※「Wellith(ウエリス)」はNTT都市開発株式会社のマンションブランドです。
 

                             記
 

■開発の経緯
 コロナ禍を契機に、仕事と家庭の両立やワークプレイスの考え方が大きく変化しております。一方で在宅勤務やテレワークの実体験からは、書斎や自室がないことにより、「プライベートと仕事の切り分けが難しい」、「生活音や家族の声が気になって集中できない」など、住まいの中で環境が整備されていないことによる、働く人のストレスや、生活する家族への影響を懸念する様々な不満の声が聞かれております。

 長年、住宅やオフィスの開発を進めてきた当社は、ウィズコロナ時代における在宅ワークなどの働き方の変化と向き合うために、このたび、株式会社ユナイトボードとのコラボレーションにより、「ウエリスカスタム OTONA基地」を共同で企画いたしました。
 

「ウエリスカスタム OTONA基地」      作業時イメージ
                      ※PC、椅子等は商品に含まれません。

 

■ウエリスカスタム OTONA基地
 株式会社ユナイトボードが手掛けるOTONA基地と、NTT都市開発株式会社の住宅づくりのノウハウとのコラボレーションにより提案するスペースは、「テレワークに対応した1畳書斎空間」です。

 OTONA基地は、自宅の部屋の中において、たたみ一畳分のスペースに独立した空間を作り出し、自宅に居ながら1人で籠れる空間で、テレビ会議やテレワーク等におけるストレスが軽減できる空間を提供いたします。素材には再生強化紙を複合成形したダンボール式構造体(KAMIITA)を採用しており、特徴としては環境負荷の低減や、軽さと強度をあわせ持つほか、断熱性や吸音性の高さ、反りや変形のしにくさなどがあげられます。

 今回の共同企画では、テレワークの快適性向上に配慮し、PC利用に最適なデスク奥行きへの変更、背面をすべて書棚に変更、LED照明(マグネット式)・コンセント設置、可動式天板の設置など独自の工夫を凝らしたウエリスカスタム仕様になっております。

 
<仕様>
サイズ     高さ180㎝、幅90㎝、奥行き180㎝(重量約50kg)
素材      再生強化紙・ステンレス
棚・天板耐荷重 約30kg
その他     LED照明(マグネット式)・コンセント設置
 

<価格> 
159,500 円(税込) ※送料および出張組み立て費用は含まず。
 

<注文窓口>
NTT都市開発ビルサービス株式会社
 

個人のお客様 
住宅サービス事業本部 担当:佐藤
TEL: 03-6384-0617(受付時間 平日10:00~17:00)
 
法人のお客様
営業推進部  担当:岡本・井上  
TEL: 03-6384-0603(受付時間 平日10:00~17:00)
 

下記お問い合わせフォームからも受付可能ですのでご利用ください。
https://www.nttud-bs.co.jp/contact/index.php?mode=input

 

<展示場所>

・ウエリス浦和美園ノーステラスのモデルルーム
・ユナイトボード 江戸川本社ショールーム

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。